HOME > 眼の病気

眼の病気

アレルギー性結膜炎

症状目やまぶたのかゆみ。
こすりすぎると、はれたり、痛くなったりします。
ひどい場合は、白目の膜(結膜)が、ゼリー状にふくらむこともあります。
原因季節性は花粉がほとんどです。
季節に関係なくなる方は(通年性)、家のほこりやダニによることが多いです。
治療抗アレルギー点眼薬を1日に2~4回点眼します。
症状がきついときは、弱いステロイドの点眼薬を使います。
点眼薬につきましては、医師の指示に従ってください。
日常の注意
  • 花粉によりおこる方は、その時期には、衣類や布団に花粉がつかないようにしたり、外出から帰ったら、うがいをしたりして注意しましょう。
    通年性の方は、家のなかの掃除や洗濯をこまめにしましょう。

目薬は花粉が飛び始める2~3週間前から始めると効果的です。

ページの先頭へ戻る

緑内障

緑内障とは、眼圧があがることにより、目の奥にある神経が圧迫されて、視野が狭くなる病気です。
目の中には房水という水があり、その流れが悪くなると、眼圧が上がります。
また、眼圧が正常でも緑内障の場合もあります。 (正常眼圧緑内障といい、日本人には多いです。)

症状 一般的には、最初は自覚症状はなく、放っておくと気付かない間に少しずつ視野(見える範囲)が狭くなっていきます。
急性の緑内障は、目や頭が痛くなる、吐き気がするなどの症状が急激におこります。(この場合は早急な治療が必要です。)
原因
  • 視力検査、眼圧検査
  • 眼底検査(視神経の状態をみます。)
  • 視野検査(見える範囲をチェックします。)
治療
  • 目薬(眼圧を下げるのが目的です。)、ときに内服
  • レーザー(目の中の水の流れをよくします。)
  • 手術(目の中の水の流れをよくします。)

緑内障は、眼圧をコントロールして、進行をくいとめることが大切です。
根気よく、あせらずに治療とお付き合いしていきましょう。

ページの先頭へ戻る

白内障

白内障とは、目の中でレンズの役割をしている水晶体が濁ってくる病気です。

症状 濁り方にもよりますが、視力低下(見にくくなる)や、まぶしいといっ た症状が多いです。
原因
  • 加齢によるものが、ほとんどです。糖尿病やアトピー性皮膚炎、ステロイドホルモンの内服に併発することもあります。
治療
  • 目薬もありますが、水晶体が濁る速度をある程度遅らせることしかできません。視力を改善させるには、手術しかありません。

よくある質問

手術する時期は決まっている?
ご本人が生活や仕事で不便を感じられたときが、手術の時期です。
ひとりひとり生活パターンは違いますので(よく運転する、細かい作業をしている、テレビが見えればいい、など)手術の時期も、ひとりひとり異なります。
日帰りでできますか?
最近は日帰り手術をする病院が増えてきました。
ただし、全身状態があまりよくない方、術後、毎日通院できない方は、入院された方がよいでしょう。

ページの先頭へ戻る

ドライアイ

ドライアイとは、目が乾燥しておこる疾患です。
乾燥といっても、「涙の量が少ない」「涙が乾燥しやすい」「涙の安定性がわるい」など、状態はさまざまです。

症状 目が乾く、充血、ごろごろする、疲れる(疲れ目で受診されて、実はドライアイ、ということがよくあります。)
原因
  • 目の異常(まぶたや結膜の炎症などにより、涙の性質がかわり、涙がうまく広がらない)
    まばたきが少ない(コンピューター作業、テレビ、読書など)
  • ストレス
  • コンタクトレンズ
  • 環境(エアコンなど)
  • 全身疾患(シェーグレン症候群、リウマチなど)
治療 まず、上記原因を取り除く。点眼薬:人工涙液+保湿成分を含む目薬症状がきついときは、涙点プラグ(涙の出口である涙点に、栓をする)を用いることもあります。
治療
  • まばたきが少なくならないように、注意する。(コンピューターなどを集中して見ている方は、休憩を入れたり、目薬で水分をおぎなったりしましょう。)
  • コンピューターの画面が目の高さより、低い位置になるようにしましょう。 (上を見ると、目が大きく開き、涙が蒸発しやすくなります。)
  • エアコンなどで、乾燥しすぎないよう、また、風が直接当たらないようにしましょう。

目は乾いた状態だと、キズがつきやすくなります。
調子が悪ければ、一度ご相談ください。

ページの先頭へ戻る

飛蚊症

症状 白い壁や青空などを見たとき、糸くずや虫などの「ごみ」が見えることがあります。これを飛蚊症といいます。眼を動かしてもその「ごみ」は一緒に移動し、目をこすっても消えません。
原因 眼球のなかには、硝子体と呼ばれるゼリー状の物質がつまっています。その硝子体に何らかの原因で濁りが生じると、それが映りごみが飛んでいるように見えます。この濁りは生理的なものと病的なものがあります。
治療 硝子体の中の濁りのうち、生理的なものは年齢によるものですので、このままにしておいて大丈夫です。うっとうしい症状は少しずつ慣れてきますので、問題ありません。生理的なもの以外に注意が必要なのが、網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎などの病気による飛蚊症の場合です。これらの病気が原因の場合は、早急に治療が必要です。
ほとんどの飛蚊症は生理的なものですが、病気でおこることもありますので、まずは眼科で検査を受けてください。検査の際は、瞳を広げる目薬を点眼しますので、検査後4~5時間は目がぼやけたりまぶしくなったりします。運転や細かい作業がしづらくなりますので、ご注意ください。

ページの先頭へ戻る

弱視

症状 視力の発達が不十分で眼鏡で矯正しても視力がでない状態をいいます。
原因 強い遠視・乱視・近視、斜視などが主な原因です。
治療 弱視は早期に発見して早期に治療を始めることが非常に重要です。3歳児検診や就学時検診で視力が悪いと言われた場合は必ず眼科を受診しましょう。
強い遠視や乱視で弱視になっている場合、調節麻痺剤の目薬をして検査を行い、必要に応じて眼鏡による治療を始めます。斜視がある場合は、斜視の状態に応じた治療を行います。
子供の視力の発達は8歳くらいまでには終了します。それ以降に治療をしても反応しにくくなりますので、疑いがあれば速やかに眼科で検査を受けましょう。

ページの先頭へ戻る

診察時間のご案内

月・水・金
午前  9:00~12:00
午後 17:00~19:00
火・土
午前  9:00~12:00
休診
木曜・日曜・祭日
火曜午後・土曜午後

お問い合せ

075-394-2887

お気軽にお問い合せ下さい。

お気軽にお問い合せ下さい。

コンタクトレンズについて

松尾メディカルスクエア